風の強さと吹き方

風による災害「風害」は、浸水害や土砂災害に比べると油断しがちですが、大きな被害をもたらす場合があります。
気象庁のページを参考に、風の強さと影響をご紹介します。

やや強い風(平均風速 10~15m/秒・時速約50㎞)

人への影響

風に向かって歩きにくくなる。
傘がさせない。

屋外・樹木の様子

樹木全体が揺れ始める。
電線が揺れ始める。

走行中の車

道路の吹き流しの角度が水平になり、高速運転中では横風に流される感覚を受ける。

建造物

といが揺れ始める。

強い風(15~20m/秒・時速約70km)

人への影響

風に向かって歩けなくなり、転倒する人もでる。
高いところでの作業は転落などのおそれがあり、極めて危険。

屋外・樹木の様子

電線が鳴り始める。
看板やトタン板が外れ始める。

走行中の車

高速運転中では、横風に流される感覚が大きくなる。

建造物

屋根瓦、屋根葺材がはがれるものもある。
雨戸やシャッターが揺れる。

非常に強い風(20~25m/秒・時速90㎞)

人への影響

何かにつかまっていないと立っていられない。
飛来物によってけがをする恐れがある。

屋外・樹木の様子

細い木の幹が折れたり、根の張っていない気が倒れ始める。
看板が落下・飛散する。
道路標識が傾く。

走行中の車

通常の速度で運転するのが困難になる。

建造物

固定の不十分な金属屋根の葺材が飛散するものがある。
固定されていないプレハブ小屋が移動、転倒する。
ビニールハウスのフィルムが広範囲に破れる。

 

非常に強い風(25~30m/秒・時速110㎞)

人への影響

屋外での行動は極めて危険。

屋外・樹木の様子

細い木の幹が折れたり、根の張っていない気が倒れ始める。
看板が落下・飛散する。
道路標識が傾く。

走行中の車

走行中のトラックが横転する。

建造物

固定の不十分な金属屋根の葺材が飛散するものがある。養生の不十分な仮設の足場が崩落する。

猛烈な風(30~35m/秒・時速125㎞)

人への影響

屋外での行動は極めて危険。

屋外・樹木の様子

細い木の幹が折れたり、根の張っていない気が倒れ始める。
看板が落下・飛散する。
道路標識が傾く。

走行中の車

走行中のトラックが横転する。

建造物

固定の不十分な金属屋根の葺材が飛散するものがある。養生の不十分な仮設の足場が崩落する。

猛烈な風(35~40m/秒・時速140㎞)

人への影響

屋外での行動は極めて危険。

屋外・樹木の様子

多くの樹木が倒れる。
電柱や街頭で倒れるものがある。
ブロック塀で倒壊するものがある。

走行中の車

走行中のトラックが横転する。

建造物

外装材が広範囲にわたって飛散し、下地材が露出するものもある。

猛烈な風(40m~/秒・時速140㎞)

人への影響

屋外での行動は極めて危険。

屋外・樹木の様子

多くの樹木が倒れる。
電柱や街頭で倒れるものがある。
ブロック塀で倒壊するものがある。

走行中の車

走行中のトラックが横転する。

建造物

住家で倒壊するものがある。
鉄骨構造物で変形するものがある。

気象庁リーフレット


2018年9月に近畿地方を直撃した台風21号による被害映像(ANNニュース)

 

Follow me!