【今日の1曲】 jupiter / 平原綾香

東日本大震災から10年が経ちました。もう10年。まだ10年。
震災後、東北を訪れた際に印象的だった風景があります。

津波により壊滅的な被害を受けた東北沿岸部。石巻線で小牛田駅から石巻駅まで向かい、部分開通していた仙石線で矢本駅へ向かいました。
開通していた・・・といっても、本来電化されている仙石線は電柱が流されたため、電車ではなくディーゼルカーでの暫定復旧。
矢本駅から松島海岸駅までは代行バスによる輸送でした。

バスは被害を受けた街の間を縫うように走り、かつて駅があった付近に設けられたバス停を通過します。
野蒜海岸駅付近だったとおもうのですが、とても印象的な、衝撃的な風景に出会いました。
日が沈んだ暗闇の中で、ある家のカーテンが揺れているのです。道路を走る場所から揺れるカーテンが見えるということは、窓がない状態。
窓ガラスは津波により破壊されてしまっているわけです。

ここに至るまでも、悲惨な風景は嫌というほど見てきたのですが、どこか現実離れしていたのも事実です。
ただ、10年たった今でも、あの暗闇で揺れるカーテンは、忘れることができません。

帰りの飛行機から外を見ると、空港以外は真っ暗です。
その時、機内のオーディオから聴こえてきたのがこの曲でした。

平原綾香、jupiter。

Follow me!