スキマスイッチ / 星のかけらを探しに行こう Again from Sukimaswitch in Augusta Camp 2013

昭和50年代生まれの青春を彩った音楽といえば、Office Augusta系のアーティストたち。
中でも杏子、山崎まさよし、スガシカオの3人で結成された「福耳」は、1998年の活動開始以降もメンバーを加えながら進化しているスペシャルグループです。

福耳のファーストシングル「星のかけらを探しに行こう again」は、元は1995年に杏子のシングルとして発売された楽曲をリメイクしたもので、今なお多くの人に歌われている名曲です。

そういえば、広瀬香美の「Dear」も「adain」バージョンがあったり、Dreams Come Tureの「未来予想図」も「未来予想図Ⅱ」があったりしますので、これもまた時代なのかもしれません。

福耳ですが、スガシカオの独立以降は、スキマスイッチ、浜端ヨウヘイ、さかいゆうなどを加えながら大所帯に進化しています。

今回は、「原曲を超えた?!」といっても過言ではない、スキマスイッチバージョンでお聞きいただきましょう。

1999年7月14日発売。「星のかけらを探しに行こう again」。Augusta Camp2013よりスキマスイッチバージョンでどうぞ。

 

Follow me!